#39 ヒューストンの庭からーー蟻が象を生む?


テキサスに春を告げるブルーボネット(青いルピナス)が道ばたに咲き始め、すっかり春模様のヒューストンです。となると、ガーデニングのシーズン到来。樹木の剪定をしたり、草むしりをしたりと何かと忙しい毎日です。

皆さんは火蟻 (Fire ant) をご存じですか?熱帯地方に生息する毒アリです。庭の芝や花だんの土が盛り上がっていたら要注意。それが彼らの巣なのです。棒でつつくと蟻たちがワキャワキャと騒ぎだします。

 

A post shared by @kumicowgirl on

 

土が大きく盛り上がっていれば明らかにわかるのですが、小さな丘に気がつかず、うっかりサンダルで踏んだら最後……別名・カミアリと呼ばれているように、足に群がって噛みついてきます。巨大注射針を押しつけられたような激痛が走ります!そして、象さん足に変貌したわたしの右足。

 

f0

 

虫刺されの薬を塗っても1週間ほど腫れがひかず、1か月以上痛がゆい日々が続きました。ダメだとわかっていてもかかずにはいられない。

とはいえ、やられっぱなしのわたしではありません。専用の薬を撒いて必殺 “火蟻殺し”。

 

f2

 

翌日には巣がからっぽになっています。実は、退治しているのではなく、立ち退きを要求しただけのようで、近所に引っ越している模様。イタチごっこですが、ともかく、殺虫剤を撒いております。ちなみに、からっぽの巣を放置しておくと芝や花の成長の妨げになるので平らにならします。

 

f3

 

これから夏に向けて、火蟻に目を光らせながらガーデニングに勤しみたいと思います。

 

f1☆今日の一首☆

身の丈とおなじ卵を担ぎあげ巣を去っていく火蟻の群れが

 

 

 

1クリックが、とても励みになります♪


にほんブログ村


人気ブログランキングへ