#43 ヒューストンの花屋からーー出産お祝いのリース


ヒューストンの病棟を訪れると、ドアに掛けられたピンクやブルーのリースを目にすることがあります。これは、病室に生まれたばかりの赤ちゃんがいることを示す出産祝いのリース (Birth Wreath) で、アメリカ南部の文化です。ただし、病院によっては赤ちゃんの誘拐を防ぐために、病室内に掛けるよう勧めることも。病院から帰宅後は、家のドアに掛けて近所の人たちに祝福のおすそ分けをします♪ 

 先日、花屋で出産祝いのリースを初めて作りました。ドーナツ型の発泡スチロールにメッシュの幅広リボンを結びつけた後、先輩フローリストMさんと一緒に飾りつけ。

 

babyflowers3

 

おむつでリースを作ったり、哺乳ビンやくつ下など実際に使えるもので飾ることも。

 

2つ目はひとりで作成

2つ目はひとりで作成

 

ちなみに、こちらは先日ご注文を頂いた1歳のお祝いギフトです。30個以上も風船があるので、手にした赤ちゃんが浮いちゃうかも?と思うほどの豪華さ!思い出に残るステキな写真が撮影できそうですね。

 

babyflowers1

 

 

babyflowers2☆今日の一首☆

黒いロンパースだったか オレンジのうろこへ変わる池の金魚は

 

 

 

 

◎花屋情報◎
レインフォレスト・フラワーズ (Rain Forest Flowers)
http://www.rainforestflowers.net/
http://www.thewoodlandsflowershop.com/

 

1クリックが、とても励みになります♪


にほんブログ村


人気ブログランキングへ