#44 ヒューストンの花屋からーーお葬式の花輪づくり


現在の花屋で働き始めてから3か月が経ち、少しずつ大きなフラワーアレンジメントをまかせてもらえるようになってきました。基本的に、冠婚葬祭で使うような大型のアレンジメントは、オーナーかフルタイム勤務のMさんが作成するのですが、ちょうどふたりともお休みの日にお葬式用の花輪の注文があり、わたしが作ることに。

以前の花屋で1度、その前はフラワースクールで学んだ程度だったので、緊張しながらアレンジしていきました。ご注文いただいたものが赤バラのみというシンプルな花輪だったので、花を挿す位置に注意しながら作りました。

 

sympathy2

 

それ以来、ときどき花輪をまかせてもらえることに。ウェブサイトの写真からご注文いただいたものでなく『フローリストにおまかせ』の花輪の場合、オーナーに花を選んでもらいアレンジしています。

 

星条旗の色でご注文いただいた花輪。

星条旗の色でご注文いただいた花輪。

 

いつか、Mさんのように自ら使用する花を選んで、すばやく花輪を作れるようになりたいです。

Mさん作。豪華です。

Mさん作。豪華です。

 

日本だとこの生花の花輪が造花、もしくは『花スタンド』にあたると思いますが、たいてい淡い色合いですよね。こちらでは、カラフルな色合いで作ることも多く驚いてしまいます。お国柄でしょうね。

 

sympathy4

 

 

sympathy5☆今日の一首☆

親友の葬式にすら行かないという元店主は89歳

 

 

 

 

◎花屋情報◎
レインフォレスト・フラワーズ (Rain Forest Flowers)
http://www.rainforestflowers.net/
http://www.thewoodlandsflowershop.com/

 

1クリックが、とても励みになります♪


にほんブログ村


人気ブログランキングへ