#7 〈ヒューストンのフラワースクール・2日目〉結婚式・ラウンドブーケ編


今日から〈フラワーアレンジメントの表現方法 ブライダル編(Floral Wedding Design Techniques)〉5回コースのスタートです。

 

授業の初日ということもあり、英語での授業ということもあり、緊張していたのですが、先生の英語はクリアで聞き取りやすく、ひと安心。クラスメイトもフレンドリーで、ふた安心♪

 

WD2

 

初回は、「ラウンドブーケ(Round Bouquet)」を作りました。

「ラウンドブーケ」の作り方としては、

 1)茎を束ねる

 2)花首にワイヤー(細い針金)を通して束ねる

 3)ブーケホルダー(アイスのコーン型スポンジ)に挿す

 の3種類があり、今回は3を学びました。

 

WD1

 

用意された花材から、好きなものを選んで作ります。

 ・オニユリ

 ・ミニバラ

 ・カーネーション / ミニカーネーション

 ・スパイダーマム / デイジー / ポンポンマム

 ・かすみ草

 ・ツリーファーン / シルバーファーン

 

▼これに花を挿していきます。

◎ウエディングベルブーケホルダー/大(傾きタイプ) [フラワーアレンジメント/資材]

 by Rakuten

 

まずは、先生のデモンストレーションから。

 1)ブーケホルダーの中心にメインの花(ユリ)を挿す。

 2)ブーケの大きさを決めるため、ブーケホルダーの周りに葉を挿す。

 3)同じ花が並ばないよう、形を整えていく。

 

先生は、少し涙型のブーケを作りました。(冒頭の写真)オシャレ。モダンです♡

 

いざ実践!

ひんやりとした花の感触を楽しみつつ、ブーケを作っていきます。

 

WD3

 

出来上がりは、こんな感じ。真ん丸に作りました。

日本人には、白やパステルピンクが好まれるブーケですが、カラフルな花材を使うのは、アメリカならでは、という感じです

 

4時間ある授業の後半には、コサージュを作りました。

カットした花首にワイヤーを挿し、直角三角形に近い形に束ねていきます。

 

WD5

 

わたしはミニバラで作りました。

先生は、デイジーで。ステキですね☆

 

WD4

 

花と向かい合っていると、集中しているせいか、あっという間に時間がたっていきます。

 

ブーケとコサージュは持ち帰り、部屋に飾りました。花のある暮らしってステキだなぁ、と改めて感じました♡

 

 

WD6

 

 

☆今日の一首☆

鬼百合のしもべの雄しべは殉職し雌しべはなおも水気をたもつ

 

 

 

 

 

◇アクセス情報◇

Lone Star College Tomball

住所: 30555 Tomball Parkway Tomball, Texas

電話: 281-351-3300

HP: lonestar.edu/tomball

 

空港から車でのアクセスは、

1)Sam Houston Parkwayを西へ、約20分。

2)Texas 249号線を右折、約20分。左手にあります。

 

 

LSCmap

 

 

 

 

 

 

 

 

1クリックが、とても励みになります♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

 

▲先生オススメのフラワーアレンジメントの本で、百科事典なみのボリュームがあります。見ているだけでも楽しい、アイディア満載の1冊です☆